グローバルナビ

お知らせ Information

記事一覧

テガヌマウィークエンドvol.4 「ヌマベケーション」

毎回好評なテガヌマウィークエンド・ヌマベシリーズの第4弾企画。今年はヌマベを楽しむ新たな拠点として「サンセットパーク」と「ヌマベキャラバン」が登場!
キーワードは、”FROM MORNING TO EVENING”。
秋の週末を手賀沼で。グッドロケーションでヌマベクラブとバケーションを楽しもう。
今年もいろんな地元団体がプログラムを持ち寄ります。
ヌマベでSUPやカヌー、ヨガ、生きもの観察、竹灯籠づくり、野外写真展など、親子あるいは三世代で手賀沼の魅力を満喫できるプログラムを用意してお待ちしています。
この週末にあなたに合ったヌマベの過ごし方を見つけてみませんか?

テガヌマウィークエンドvol.4

■日程 : 2021年10/30(土)〜10/31(日)
■場所 : 手賀沼フィッシングセンター周辺
■詳細 : 詳細・申込はこちらから
 ※本イベントは手賀沼周辺の活性化を目的とする協議会、手賀沼アグリビジネスパーク事業推進協議会が主催のイベントです。
 ※プログラムにより、事前申込や定員、参加費等が異なりますので、詳細をホームページでご確認いただき、お申し込みください。
 ※新型コロナウイルス対応を行なっておりますので、チラシ、またホームページをご確認ください。

ファイル 85-1.jpg


★アクティビティ系プログラム
・SUPクルージング(てがぬまパドルクラブ)
・ヌマベヨガ(吉田雅俊さん)
・カヌー体験講習会(柏カヌークラブ)
★遊びの天才集団・手賀沼まんだら監修 『ごちゃフェス』
・ドッチボール大会
・カラベラガーランド作り
・バンブーダンス
・フェイスペイント
・手賀沼ゴミアート体験
★手賀沼八景を楽しむプログラム
・竹灯籠づくり(住み良いまちづくり研究所)
・竹灯籠の夕べ(住み良いまちづくり研究所)
・手賀沼野外写真展
★全国造園フェスティバル2021(株式会社新松戸造園)
・ウォーキングレッスン
・苔玉づくり
・ヌマベの生きものとお話ししよう!〜水路と沼バージョン〜
・どんぐりアート
★エコロジー系プログラム
・池の生きものとお話ししよう!(手賀沼まんだら)
・生きものとお話ししよう!展(ヌマラボ生きものチーム)
・ゴミアート展(手賀沼まんだら・VIVITA・てがぬまパドルクラブ・新松戸造園)



■テガヌマウィークエンドとは?
都心に最も近い天然湖沼・手賀沼の水際すぐの環境(=“ヌマベ“)を、地元市民の遊びと学びのフィールドとして活かしてみる社会実験。ヌマベの使い手たちが集い、連携する「ヌマベクラブ」の面々が、ヌマベを多彩に過ごすキットをご用意して、お待ちしています。


■ヌマベクラブとは?
ヌマベをフィールドに活動している団体の集まりが「ヌマベクラブ」です。水辺や里山、そこに息づく生き物たち。その環境と共に歩んできた農や文化。手賀沼にはたくさんの魅力や学びがあり、「ヌマベクラブ」では、それをみんなで楽しみながら、分かち合っています。
〈主催〉
手賀沼アグリビジネスパーク事業推進協議会
〈企画・運営〉
奥手賀ツーリズム、柏カヌークラブ、株式会社新松戸造園、GPカヌーツーリズム、手賀沼漁業協同組合、手賀沼水生生物研究会、てがぬまパドルクラブ、手賀沼まんだら、東京大学都市デザイン研究室、NPO法人住み良いまちづくり研究所、VIVITA 東葛、吉田雅俊
〈後援〉
柏市、我孫子市

OKUTEGA-TOURISM

  • ご予約
  • お問い合わせ
  • アクセス